重要性と塗装の種類

住宅も新築の頃は何も問題が出ませんが、10年も経過するとあちこちで問題が出てきます。その一つが外壁です。 外壁の役割は、単に見た目を飾るだけではありません。外壁の一番の役割はその家を雨風や雪、紫外線から守ることなのです。これは外壁塗装をすることで、住宅の寿命を延ばすことができます。 ですが、外壁塗装をしないとその住宅の寿命は縮む一方です。一般的に木造住宅の寿命は30年以上と言われていますが、これは少なく見積もって30年で、実際には50年以上は持つと言われています。 ですが、外壁塗装を怠ると、20年から30年程度で建て替えをしなければならなくなり、住宅ローンだけが住宅がなくなった後も残るという悲惨な状況になります。

このように外壁塗装は住宅の寿命を延ばす役割があるため、10年おきぐらいにしておくと、50年でも100年でも住むことができます。 では、外壁塗装にはどんな種類があるでしょうか。 外壁塗装の一つに外張り式という方法があります。この外張り式は既にある外壁の上にさらに外壁を張ることで、外壁の役割を高めます。外張り式の特徴は価格が安いことです。 これに対して、塗替え式という方法もあります。塗り替え式は塗装の上に塗装を塗る方法で、この特徴は外張り式よりも価格が高い分長持ちすることです。また、外張り式よりも住宅が軽くなり、住宅の負担をなくします。 もし、外壁の状態がとても悪い時は上記3種類の方法ではなく、板状のものを釘を使って打ち込むサイディングという方法があります。